ぽんこつさんは旅に出る

昔いった旅行のことを思い出しながら、ぼんやり記録を書いています。

タグ:旅行記

くずざんぽー!
(ブータンで話されているゾンカ語で、こんにちは、です)
2016年夏に、ブータンに行ったのでその記録です。
今日の記事は、プロローグ的なやつです。

ブータンに行った経緯


元々キューバに行こうとしていた、職場の後輩と私。
しかしそのうちの一人が、2016の夏は
ブータン観光の費用が
外交関係樹立何周年だかで安くなるから、ブータンにしないかと提案。

詳細はここ
(ブータン政府観光局のページに飛びます)

みんな、賛成しました。
中南米行くと高いし。
なかなか行く機会のない国から、行ってみたかったためです。

でもブータンのイメージって、ぼんやりしておりました。
大体、以下の2点があったくらい。

・幸福度高いっぽい
・国王夫婦仲良いっぽい

実際に行ってみて
意外性のある国だな」とわかったのですが、
詳しくはこれから書いていきたいと思います。

※ちなみに我々はツアーでいきましたが、
 最終的にツアー料金は7日間で30万くらいでした。
 本来の料金からどのくらいお得なのかは、
 あんまりよくわかりません…(情報弱者)。

ブータン入国まで


今回は、タイ経由でブータンに入国いたしました。

image











タイの空港の待合室(?)にある椅子には、
お坊さん優先のマークがついております。

image











機内食あるある 炭水化物が多い。超多い。

image




        








タイから飛行機を乗り換えて、ドゥルクエアーに。
ん、パンが積まれている…?
(そしてその後このパンは機内食として登場)

image











空港から国王夫婦!いえい!

次の記事からブータン旅行の記録を書いていきます!

P1010112

最後に、行った場所などまとめておきます。
※宿のことで書きたいことがあるので、これはまた後日書くっす。

思い出したことがあったら、随時書き足します。

日程

2014年12月26日~2015年1月3日

訪れた都市

・ベルリン(ドイツ)
・プラハ(チェコ)
・ウィーン(オーストリア)


旅程

訪れた場所はざっくり以下の通りです。
リンクが貼られている箇所は、クリックしていただくと
該当の記事に飛びます。

12月26日(金)
<ドイツ、ベルリン>
夜に到着したため、そのまま就寝。

12月27日(土)
<ドイツ、ベルリン>⇒この記事
・ベルリンの壁(イースト・サイド・ギャラリー)
・秘密警察博物館
・ユダヤ博物館
 外観も凝っています。
 ボリューミーな展示なので、
 時間に余裕を持って訪問されるのがおすすめです。

12月28日(日)
<ドイツ、ベルリン>⇒この記事
・マウアーパークののみの市
 古切手、アンティークが好きな方は必見。
 曜日に注意です。
・カフェ「カウフ・ディッヒ・グリュックリッヒ」
 甘すぎないかわいい部屋がつくりたい場合は
 インテリアとか参考になりそう。
・バウハウスアーカイブ
 
要予習スポットかと・・・(無知で満喫できませんでした)
・カイザーヴィルヘルム教会
 夕方に行くと雰囲気があってよかったです。
 
12月29日(月)
列車にて移動。あまり書くことがなく記事にしてません。
<チェコ、プラハ>
・ギャラリー オブ アート プラハ
 別に有名ではなさそうです(なぜかダリ展に行く)
・レストラン「Pivovarsky Dum」
 (ビール8種セット飲み比べ。
 バナナ味とか謎のビールも飲めます。テンション上がりました!
 チェコ語表記だと文字化けしてしまうかもなので、
 英語にある表記のみにしています)

12月30日(火)
<チェコ、プラハ>⇒この記事
・プラハ城
 
ミュシャデザインのステンドグラスあり。
・ミュシャ美術館
・カレル橋
・スメタナホール

 (ドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」鑑賞)

12月31日(水)
列車にて移動。
<オーストリア、ウィーン>⇒この記事
・シュテファン大聖堂付近で年越し

1月1日(木)⇒この記事
<オーストリア、ウィーン>
・シェーンブルン宮殿
 ハプスブルク家の夏の離宮。
 貴族の生活を見るのが好きな方にはおすすめ。
・ベルヴェデーレ宮殿
 元宮殿であり、今はほぼ美術館。
 クリムトやシーレの作品が鑑賞できます。

1月2日(金)
<オーストリア、ウィーン>⇒主にこの記事
・シュテファン寺院
・ナッシュマルクト
 
ロシア料理やケバブなど
 エスニックなものも食べられます。
・セセッション
 クリムトの壁画あり。 
 きっと国外に持ち出せないだろうから、
 鑑賞をおすすめします!納得の迫力です。
・カフェ「オーバーラー」
 
ケーキおいしいです・・・選ぶのも楽しい。
・フォルクスオーパー

(オペレッタ『メリーウィドウ』鑑賞⇒ここだけこの記事

1月3日(土)
<オーストリア、ウィーン>⇒この記事
・フンデルトヴァッサーハウス
 激しい色の家。
 天気がいい日の観光を推奨。
 (曇りの日に行った私は壁の色のくすみと相まって
   ちょっと悲しい気持ちになりました・・・)

⇒帰国

少ない経験から何かお伝えできるなら

■冬の旅行の、メリットとデメリット■

「何も寒い時期にヨーロッパに行かなくても・・・」と
いろんな人に言われたのですが、メリットもあったんですよ!
それだけ書くと不公平なので(?)、デメリットも書きました。
旅行時期の検討に、よろしければお役立てください。

【メリット】

・ベルリンのクリスマスマーケットは素敵!
P1000992
「せっかく冬にドイツに行くなら、クリスマスマーケットみたいなあ。
 でももう終わってるかなあ」と思っておりました。
そこで調べたら、
「都市によっては26日以降もマーケットが出てる」ことがわかりました。
(年にもよりそうですが・・・)

この星の飾りがたくさん並んでいるのを見るだけで
子供の時のクリスマスみたいな、
純粋にわくわくする気持ちを思い出せます。
クリスマスまでに冬休みとるのは難しい、
でもクリスマスマーケットに行ってみたい、という方は
調べてみると、案外日程が長かったりするかもしれません!

・プラハの煮込み料理おいしい!
ビーフシチューのようなものが好きな方は、
きっと満足されるはず!
煮込んだお肉はどれもおいしかったです。
ソースもいろいろバリエーションがある。

・ウィーンの年越しはあがる!
クラシックからロックまで、無料で素敵な音楽を
ホットワインなんか飲みながら聴くことができ、
わかりやすくお祭り感を味わうことができます。
踊っている市井の人々を見るのも、またをかし。

【デメリット】

・まあ、寒い
言わずもがなですね。手袋必須です。
と言いながら、2回もなくしました
(チェコなら、デザイン不問であれば
 500円くらいで通りで買えました)。

ユニクロのウルトラライトダウンにダウンを重ね着して
ちょうどよい寒さでした。
タイツもユニクロの「極暖」を持参。
旅行用衣料はユニクロですね。

カイロもあると、便利かもしれません。

・天気が悪い
石造りの建物って、曇りの日に観ると
ちょっと残念なんですよね・・・。

曇りなら、まだいい。
雪の日の移動は悲惨です。
スーツケースをごろごろするのも不便ですし、
一面が白くなってしまうと、通りの特徴とかもわかりにくい。
チェコは特に悩まされました。
風情はありましたが、不便ではありました。

ベルリン・プラハ・ウィーンに限らず、個人旅行で行くなら、のおすすめ


 ・率直な感想を読むならトリップアドバイザー
個人で宿を探すとき、値段だけじゃわからない情報を調べたいときはここを見ます。
宿泊者のコメントをいくつか読んだら、めちゃめちゃ嘘、ってこともないと思うので。
予約サイトの写真は、美化120%のときもあるので
 コメントと合わせて検討するとあまりがっかりしない・・・かも?

観光スポットの感想コーナーもあります。
が、謎な場所が一位になってたりもするので、 さくっと読む程度がいいかもしれません。 
※バナーをクリックしていただけると、トリップアドバイザーのページに飛びます。



・飛行機の
チケットを買うなら楽天カード
大きい金額の買い物は私は 楽天カード でします。
例えば10万円の航空券を買ったら、1000円分買い物ができます。
 「楽天市場で買いたいものないんですけど」という方、
TOHOシネマズの映画チケットに替えたりもできますよ。
ちょっとだけ申し込みを検討してみるか・・・という方はぜひ。

カードのデザインがちょっとカッコ悪いことに目をつぶれば、ポイントたまるのは楽しいです!
家で予約するならカードのデザインのカッコ悪さも気にならない!笑

今回の旅のプランを練る際に
ウィーンお薦めの見どころがないか、
Facebookで知人たちに尋ねてみました。

ドイツ語を勉強していた大学時代の先輩が
「ガウディが好きだったら、興味あるかも」と薦めてくれたのが、こちら。
P1010240
フンデルトヴァッサーハウス。です。

ことりっぷにある簡単な説明を引用します。
画家でもあるフンデルトヴァッサーは、
自然との共存をテーマに才能を発揮し、
強烈な色彩、奇抜なデザインにもかかわらず、
建物と植物と遊び心が一体となった
ユニークな作品が多い。

あとで彼の絵も調べてみたんですが、
建物よりもずっと激しい色使いの作品が多い印象でした。


P1010256

無機質な雰囲気の柱にタイルを入れるの、かわいいです。
彼の作品の写真集を買って初めて知ったのですが、
実は大阪にも彼の手がけた建物があるようです。

建物自体は私のツボ!で、とても楽しかったのですが、
もっと天気がいい日に観てみたかったなあ。
付属の(?)お土産屋さんには、
たそがれ時のフンデルトヴァッサーハウスや
白日の下のフンデルトヴァッサーハウスや
いろんなバリエーションのポストカードが売られておりましたよ。

P1010247

写真をさんざん撮ったら、お腹がすきました。

せっかくB&Bに泊まっているのだから、
宿のウィーンっ子(言いにくさ500点)においしいレストランを
教えてもらおうじゃないの!
ということで、この日は宿の人に教えてもらった店に行きました。

お店は、周りに何も観光地のない駅にありました
(地元民御用達って、そういうことですよね)。
※所在地など、詳細を発掘したら更新します!
P1010268
チョコみたいなピンクと、黒板色って愛称いいな。

そして気になる、注文したもの!
(誰も気になっていません)

P1010266

ウィーナーシュニッツェルおよび数種類の肉。
もっさりですね。これで2人分です。
何日分の栄養になるんだろうというボリュームです。
体育会の男子学生なら大喜びであろう。

そして!根っから甘党の私はこれがとても気に入りました!

P1010267

アプフェルシュトゥルーデル!

「アプフェル」はアップルの意味で、
アップルパイのようなお菓子です。
このお店の味付けは手づくりのほっこりする甘さで、
「ウィーンで育ってたら、
 おばあちゃんがこういうの作ってくれたのかも・・・」と妄想が捗りました。
一点残念だったのは、アプフェルシュトルーデルを
食べ始めた段階で、我々の満腹度は120%だった、ということです。

このお店、おすすめです。(詳細を出してからいいなさいな)
低めの声の、体形もふるまいもスマートな店員さんがいらっしゃいます。
あと、地元の人が大変薄着でした。
あ、あとあと。お土産に
P1010269
マンナーのウエハースをもらいました。
ヘーゼルナッツクリームがおいしいです。
比較的リーズナブルなウィーン土産といえば、これです。
私もこの旅行中、ばらまきみやげにぴったり!と言って
大量に購入しました。
そのうちのかなりの数を自分で食べました。

レストランの話に戻りますと、
量が多くて食べられなかった分の付け合わせのポテトは、
店員さんが包んでくれました。
ちなみに、このレストランがウィーンの最後の観光(?)だったので、
我々はそのポテトを飛行機に持ち込み(いいんか)
すっかり冷めきった状態で
経由地のロシアの空港で食べました。

今日は、字が多めになってしまいそうですが・・・
ウィーンで鑑賞したオペレッタの話を書きたいと思います!

まず、オペレッタとは?

私の読んだ本(の記憶)によると、
オペレッタはミュージカルとオペラの間に位置するもの、とのこと。
ミュージカルよりフォーマル、オペラよりカジュアル、といったところでしょうか。

当初、友人とは「オペラ観てみたいね」という話をしていたのですが、
あまり知識もないのにいきなりオペラに臨むのは、
ハードルが高すぎるのでは・・・と危惧したことから、
オペレッタを鑑賞することにしたのでした。

予約のこと

「不安要素は少ないほうがよかろう」ということで、
旅行に出る前に、インターネットで席を予約しました。

我々は、以下のサイトから予約しました(クリックすると、移動します)。
A&Aチケットオンライン
画面情報で、日本語に切り替えて
サイトを表示することもできるので、安心です(笑)。

■演目■
『メリー・ウィドウ』にしました。

私は中学高校と吹奏楽部員で、
よく自由曲で『メリー・ウィドウ』を演奏している学校がいたのです。
知っているメロディーがある演目のほうが楽しめるだろう、と思い
同行の友人からのOKも出たため、これに決定しました。

■会場■
フォルクスオーパーでした。
P1010238

■座席■
schema_1602

(画像は上記「A&Aチケットオンライン」のサイトより引用)

どこだとどれくらい見えるのかわからないので、
ほどほどによさそうな「カテゴリーIII」にしてみました。
我々の購入したときは、1名分で74ユーロでした
(クレジットカードで支払えます)。

ロビーでチケットを受け取って中に入ると
(上記サイトで予約すると、ロビー受け取りかホテルまで送ってもらうか、
チケットの受け取り方法が選べます)、
思ったより良く見える席で、ほくほくでした!

オペラグラスとか必要かな?と思いましたが、
我々の席ではなくてもよく見えました。
あると、衣装など細かいものがよく確認できたかもしれませんが、
細かいところを観ていると後述する字幕が追えないのです・・・。

ちなみに我々は、約2か月前にチケットを予約しました。

鑑賞中の注意(というか私の後悔)
まず、「ウィーンで初めてオペレッタを鑑賞するぞ!」という方にお伝えしたいのは、

英語の字幕、出てます!
 ということです。

劇が始まってすぐ、
「お、何を言っているかまったくわからぬぞ・・・!
 長時間観続けることは可能か・・・?」と不安に駆られました。

が、途中で舞台の情報に、英語の字幕が出ていることに気づきました。
(気づけてよかった・・・)

私は準備不足で、事前に話の筋を予習していなかったのですが、
あらすじくらいは確認しておいたほうがよかったなあ、と少し反省しました。

話の筋が事前にわかることで失われるものは、
少なくともこの演目に関してはあんまり多くないように思うので。

何はともあれめちゃめちゃ良かったです


大学ではオーケストラ部だったのに、
クラシックのコンサートだと時々眠くなっちゃう、私。
今回も、眠くなってしまわないか心配だったのですが、
まっったくそんなことなかったです。
ずっと楽しかったです

まずは、言わずもがな、歌が素敵。
pなのにこんなにのびやかに歌うことができるのか、と
目から鱗が落ちる思いでした。

そして、目で見ても楽しい。
衣装の色合いや演者の動き、さすが、計算されております。

音楽がお好きな方には本当にオススメです!

P1010157

念願のウィーンで年越しの様子をお届けします。

ここでもホットワインが売られております。
P1010138

このマグカップにワインが入っておりました。
ポイントは、キノコのかさのせいで
非常に飲みにくい、ということです。

P1010150

デメルのザッハトルテ。
路上で売られていました。
冬のウィーンはいつも天気が悪いのがつらかったですが、
冬ならではの楽しみもありましたよ!

P1010141

ウィーンで驚いたことは
無料の野外コンサートのレベルが非常に高かったことです。
ウィーンだからクラシック一辺倒なのかと思いきや、
ロックの時間もありました。

夫婦やカップルは音楽に合わせて踊ったり、歌ったり、
キスしたりしていました。
TSUTAYAで借りた漫画(しかも惡の華)を
一人ひっそり読んで正月を迎えたことのある私としては
まぶしすぎる光景でした。

P1010142

年越しの瞬間はシュテファン大聖堂付近におりました。
テンションの上がった若い男の子たちがジャンプするのをみました。
年が明けたら、それまでのクラシックから打って変わって、ダンサブルな音楽が流れ始めました。 シックな年明けになるかしら、と思ったら 案外テンション高めな(人たちに囲まれた)年明けになったのでした。

このページのトップヘ