ぽんこつさんは旅に出る

昔いった旅行のことを思い出しながら、ぼんやり記録を書いています。

タグ:旅行

海外旅行となると、人に道を聞くのも一苦労だったりネットが不安定だったりとガイドブックは強い味方です。今日は、私が使ったことあるガイドブックについて、感想を並べてみたいと思います。

ことりっぷ

 
ことりっぷ 海外版 台北 (旅行ガイド)

昭文社 旅行ガイドブック 編集部 昭文社 2014-09-26
売り上げランキング : 104189
by ヨメレバ

■おすすめポイント 
たぶん女性がメインターゲットのガイドブック。フォントの選び方から、お土産のセレクトから、テーマの立て方から、センスがいい。雑誌みたいに、読み物として楽しめます。  

■マイナスポイント 
好評シリーズになったことで?前よりも増えましたが、それでもやはりメジャーな観光地以外のみ扱っている、という印象。

写真が多いので、歴史とか文化の情報はやや絞られぎみ。

地球の歩き方

 
D24 地球の歩き方 ミャンマー 2017~2018

地球の歩き方編集室 ダイヤモンド・ビッグ社 2017-03-04
売り上げランキング : 46958
by ヨメレバ

■おすすめポイント
マイナーどころに行くなら、これ。こんなところの地図も載せておいてくれてありがとう…的事例多し。気を付けるべきことがコンパクトにまとまっている。体験談も参考になる。紙が薄いので、そのときしか使わないなら必要なページを切って持ち運ぶと軽いしかさばらない。

■マイナスポイント
ターゲットが広めなので、ちょうどよくかわいい、ってお土産やお店の情報は弱めか。


おまけ!
まだ買ってないんですが。この本が気になってます。

今日も世界のどこかでひとりっぷ

今日も世界のどこかでひとりっぷ (集英社ムック)

ひとりっP 集英社 2016-12-31
売り上げランキング : 29387
by ヨメレバ

私、雑誌spurのWeb版が大好き(なぜ雑誌を買わないかというと、メインのファッションはモード過ぎで高い&とがりまくってる)。 

それで、このひとりっぷに出会いました。  

とにかく、とにかくセンスがいい。 旅行中の服も、機能的かつかっこよく飽きがこなそうで、宿も楽園か!こんな部屋に住みたい!っていうところばっかり。お土産もばっちり!

上で紹介したことりっぷよりも、やや都会っぽいシャープなセンスで選ばれてるかな~と思います。 なんでいまだに買ってないかっていうと、準備編だけでだいぶ満たされてるからです…。

↑無料なので笑、ぜひみてみてください。
世界一周の時は、ここで紹介されてる服でいきたいなあ~と思ってます!

ベルリンからプラハへは、列車で移動しました。外国の駅や列車は、旅情をかきたてられる感じがして私は大好きです。テンションが下がる駅にまだ遭遇していないから、こんなことが言えるのかもしれないのですが。

image

ベルリン中央駅のかっこよさにどきどきしていたのも束の間。
我々はばたばたと列車に乗り込んで(停車時間がわからないのですぐ乗らないと怖いのです)、早速空いていそうな座席をみつけました。大仰な荷物をたまたま居合わせた親切な日本人のおじさまたちに頭上の棚に乗せてもらおうとしていたら、「そこは私らの席ですよ」と言ってくる人々がいるじゃありませんか。

え、だめなのここ座れないの?

私たちは指定席じゃなくて自由席のチケットを買っていたので、どうやら指定席の人たちが来たらそちらが優先になるようだったのです(重要な情報だが、ふたしか)。

親切なおじさまにお礼をいい(&荷物を下ろしてもらい!)やむなく立ち上がって、通路に出た我々。
空いてる席がみつかるまでが…大変でした…。
空席を探しながら通路をずーっと歩いていたのですが、どこもいっぱい(なぜ自由席の切符を売っていたのか?というレベル)。

どんどん歩いていくと、ついに通路の反対側からご一行が!反対方向に行きたい車たちが顔を合わせ、どちらもバックもできず、一方方向の道がふさがるところを想像してください。そんな感じでした。さらに悪いことに、我々の後ろからも誰かが来る…。
正面には中国語を話す人、背後にはスペイン語を話す人、どちらも通りたいと言ってる(ぽい)けど、誰もひかないし、我々も動けないしーー!ひーーー!

…テレビだったら、来週に続いたと思うんですけどね。残念ながら、どうやってこの状況を脱したかは、覚えていません。
とにかく、すったもんだありながらも、なんとかボックス席に空きを2席見つけて、私たちは腰をおろしました。

image


最初に同席したのは、中年の夫婦とおぼしき男女でした。
私と友人が話をしていると、マダムがいらいらしたオーラを放ってきます(なぜ!別に騒いでないじゃん!)。
そういう人に限って、自分が夫(らしき人)と話すときは、思いきりがいいんですけどねー。ふふふ(いらいらしない、いらいらしない)。仕方がないので、夫婦と一緒に乗っている間は静かにガイドブックを熟読する時間にしました。

夫婦がおりると、日もだいぶ陰っていて、景色はずいぶん表情を変えていました。全然都会じゃない、人はまばらにしか目につかないような、街。山や公園。駅のホームにいた、スクールバッグらしきものをしょった女の子、とそのお母さんとおぼしき人。

夕方の空気に包まれたそんな景色を見ていたら、小さい犬と親子(人間)が、ボックス席に乗り込んできました。指差し会話帳にチェコは犬が多いと書いてあったけど、早速会えるとは。
会話帳を見ながら、チェコ語でかわいい、と言ってみました。
最初は「?」という顔をされたけど、何回か同じ単語をぼそぼそ発音してみたら、「ああ、かわいいっていってんのね」みたいな感じで、お嬢さん(小学生くらい)が笑ってくれました。

チェコ語の指差し会話帳を会話のために使ったのはおそらくここだけでしたが(挨拶とかはあちこちで使用)、本来話なんてしなかった、できなかったであろう人と意思疏通ができることは、何にも代えがたく嬉しいことだと私は思うのです。このあと、話が盛り上がり…ということはなかったけど、でも。



世界遺産や観光地も好きだけど、楽しかったけど、印象に残ってるのは旅先で会った人と話したことだったり、するんですよね。

それは、会話というのは間違いなく私のオリジナルの思い出だからなのかなと、最近思ったりします。
例えばマチュピチュ。いろんな人が行って一番よかった観光地として挙げているので大変心苦しいのですが…、私はそこまで感動できませんでした。
友達のFacebookとか、他の人の旅行ブログとか、そんなところにあった写真で何度も予習をしていたからだと思います(そういうのを見なかったら…心持ちは変わっていたんでしょうか。もちろん実際にいってみてわかったことも、たくさんあったのですけど)。
それよりも、ペルー旅行では、帰りの飛行機で横になったおばあちゃんと話したこととか、道で話しかけてきた少年のことの方が、印象に残っています。
会話は予習できないし、心の準備もできません。私だけのもの。そこが、いいです。

そんなこんなでプラハに着くと、駅は少し暗くてしーんとしていて、倉庫みたいな印象でした。私は、この駅が好きだと思いました。
駅にあったエレベーターは手動で、これもまた新鮮でした。レバーをまわすと、動きます。

image

新婚旅行でプラハを訪れた友達が、「駅の地下通路にピザ屋があったけど、衛生的に不安すぎて絶対に食べられなかった」と話していましたが、私はピザ屋をみつけた瞬間にうきうきして買っていました。育ちの違いというやつですね。
件の友達には、このことを言えていません。

image

ヤンゴンに帰ってきました。最終日です。

誠に残念なことに、この段階で私は完全にダウンしておりました…。油が合わなかったからか、生野菜食べまくっていたからか、暑さにやられたからか、それはわかりません。全部が原因かもしれません。腹具合が、この世の終わりみたいな状況でした。

とにかくすこぶる絶不調で、仏塔に行っても寝たりしていました(なんだかごろごろするスペースがあったので)。

image

メーラムーパヤーです。

image

地球の歩き方のメーラムーパヤー説明文の冒頭:さながら仏教のテーマパーク

image

元気があれば続々とつっこんでいきたい感じでしたが(つくった人は真剣に違いないが!)、もはや余力がありませんでした。


image

猫はかわいい。



どんなに弱っていてもお土産は買わなくちゃ…と痛む腹を抱えてスーパーにも行きました。


だから!つっこむ元気ないっていってるのに!
でも、




image





やっぱりこれはおかしいね。




image

「ここぞ」とか言ってるわりに、「私、肉苦手なんですー」みたいなテンションのフォント・文字色・文字サイズ。

…が、これを買っては相手の思う壺です。just looking。

ほかにも
image

モデル体型のぞうさんなどを見ました。

スーパーは楽しいですね。

ここで、会社の同期へのお土産にインスタント麺を買いました。

同じものを自分用にも買い、帰国後何ヵ月かしてから調理しようと袋を開けたところ、麺じゃないかな?どちらかというと、虫…かな…?というものがいました。もったいなく悲しかったのですが、袋を何重かにして、そっと捨てました。
同期には虫のことは内緒にしています。


ミャンマー旅行の報告は、以上です。


メキシコ3日目、クエルナバカ。

メキシコシティの南バスステーションでバスに乗って、1時間くらいで着きました。
不安に反して、チケットを買うのはとても簡単でした。約100ペソ(800円くらい)。バスは15分おきくらいで出ています。

バスステーションの中では、お菓子やおもちゃ(懐かしのトッポジージョのぬいぐるみも!)、ほかにも食べ物などが売られていました。

椅子もたくさんあって広々としています。
頻尿ツーリストとしては気になるトイレ事情ですが、お金がかかるわりに、あんまりきれいではないです。心の準備を。

情報を調べるバスの中はすごく寒いときいていたけどそうでもなく、適温でした。
メキシコ旅行中、中距離?移動のバスを何度か利用しましたが、ドラマだか映画だかが上映されていることが多かったです。この日も、アメリカの映画だかドラマだかをスペイン語に吹き替えたものが流されていました。
台詞はあまり聞き取れませんでしたが、ニューヨークが舞台の話で、既婚40代の女性と25歳の男性との関係を描いたものだということはわかりました(それ音なしで観ててもわかるんでは?そうです、その通りです)。
最後は結局どうなったんだろう?

この日もやっぱり半袖でちょうど良かったです。

image

このページのトップヘ