20181018_145618_0001


就職活動の準備として私がおすすめしたいのは、アルバイトかな。

でも、例えばまみちゃんにとって嫌な人がいる環境で、無理して続ける必要は絶対ないからね。ストレスをためたらいつか病気になっちゃうから。ストレス耐性なんて、つけなくていいからね。

働いて面白い!って思うことを経験したり、
職場の人といい関係をつくれるって学んだり、
何かを売ることについて考えることに意味があるかな、って思うんだ。

私は学生時代、10個くらいアルバイトをしてたのね。
家庭教師、中華料理屋のホール、工場の検品、簡単な入力作業、イベント運営、化粧品のサンプリングとか…、あとケーキの販売とか。

もしまみちゃんが、自分が人よりも真面目で不器用だって感じるなら、飲食店のホールのバイトはあんまりお薦めしない。
一般的にこういうバイトは、丁寧さよりもスピードが求められるからね。少なくとも私は、飲食店で働いているときは、自分のふがいなさにがっかりすることが、多かったかなあ。何も学ばなかったとは言わないけど、自信をなくしてまで得るものだったのか?とは、思っている。

私が一番楽しかったのは、ケーキ屋のバイトだよ。もちろんケーキが食べられるところもよかったけどね。販売ノルマがないなかで、自由に伸び伸びと、「どういう価格帯の、どういうギフトが、どういう時期に売れるのか?」調べるのが、面白かった。

職場の雰囲気がよさそうで、変なノルマがない販売バイトだったら、もしかするとあんまり萎縮しないで働けるかも!その中でも、売る工夫について考えて働いたら、結構おもしろいよ。よかったら参考にしてみてね。