拝啓、まみ様

昔いった旅行のことを思い出しながら、ぼんやり記録を書いています。

カテゴリ:旅行 > ブータン

くずざんぽー!(ブータンで話されているゾンカ語で、こんにちは、です)
2016年の8月13日から19日まで、ブータンに行ったのでその記録です。今日の記事は、プロローグ的なやつです。

【ブータンに行った経緯】
元々キューバに行こうとしていた、職場の後輩と私。
しかしそのうちの一人が、2016の夏はブータン観光の費用が外交関係樹立何周年だかで安くなるから、ブータンにしないかと提案。

詳細はここ(ブータン政府観光局のページに飛びます)

みんな、賛成しました(中南米行くと高いし)。

ちなみに我々はツアーでいきましたが、最終的にツアー料金は7日間で30万くらいでした。
本来の料金からどのくらいお得なのかは、あんまりよくわかりません…(情報弱者)。

【この時期の服装の問題について】
この前の年にペルーに行ったのですが、予想外に寒かったので、「山近辺は寒いもんだ」と考え、寒いつもりでいきました。
が、結構暑かったです。
私は毎日七分袖のTシャツを着ていましたが、それで暑い感じ。過ごせないほどではなかったですけども。
ただ、お寺に入るときは襟のある服が望ましいようなので、半袖のTシャツだけだと不足かもです。

あと予想以上に雨が降った(すぐやむけど)ので、レインコートは持っていってよかったです。

image←タイ
タイの空港の待合室(?)にある椅子には、お坊さん優先のマークがついております。

image←機内食
機内食あるある 炭水化物が多い。超多い。

image
タイから飛行機を乗り換えて、ドゥルクエアーに。
ん、パンが積まれている…?
(そしてその後このパンは機内食として登場)

image
空港から国王夫婦!いえい!

次の記事からブータン旅行の記録を書いていきます!

ブータン旅行記1日目、ティンプー観光記録です!

P1010829
一面の緑に癒されます・・・。

ブータンの観光事情は、ちょっと不思議です。
地球の歩き方をひきますと、
「宿泊、食事、移動などをパッケージ化した上で
 日割りの料金を定めるという公定料金制度」が設けられています。

従って、ブータン滞在中は
ツアー申込時に払ったお金以外、ほとんど使いません。
お酒を飲んだり、お寺に寄付をしたり、お土産を買うときに
わずかに必要になるくらいです。

しばらく個人旅行のようなものがメインだったので、
「パッケージツアーのような旅行を楽しめるかしら」と心配でした。が。
会話する中で行きたいところに連れていってくれたり、
ガイドさん&ドライバーさんのご尽力もあって、
自由度の高い旅を楽しむことができました。

さて、それでは早速お昼ご飯の写真からでござんす。 P1010827

ブータンは幸福度の高い国ということで、
私勝手に、まったりした味のものが多いと思っていたんですよ。

違いました。めちゃ辛いです。
特に、写真左下のチーズにまみれているもの。
これ、「エマ・ダツィ」という料理で
ブータンの定番料理だそうなんですが、めちゃ、辛いです。

それもそのはずですね。
エマは唐辛子の意味、ダツィはチーズの意味で、
唐辛子のチーズ煮込みだから、です。
ただですね、チーズがすごくおいしいんですよ。
私好みの、さけるチーズ寄りの味。
「唐辛子を抜いて食べられたらいいのにー」と辛かったです
(わがままな観光客)。

体調を崩さずに旅行を続けることが一番大事なので、
ガイドさんに
「我々・・・辛いもの苦手なんです」と伝えました。
ということで、これ以降は辛いものはあまり出ませんでした。
ありがとう、ガイドさん。

P1010861
お坊さんが、マンゴージュースをくれました。
標高が高いから寒いかな?と思いきや
なかなかに暑かったので、おいしく頂戴いたしました。

P1010871

タシチョ・ゾン
ゾンとは、「寺院と地方行政の中核としての機能を持った建物」
(ソースは例によって地球の歩き方)。

P1010866

私にもっと画力があれば、このような建物が出てくる漫画が描きたいです。


P1010873

いかん、雨雲が・・・!
旅行に行った8月は、ブータンでは雨季。
突然雨が降り始めるので、雨具携帯必須!でした。

P1010879

そのあと、移動中に虹がかかりました。
ここにかかる虹は、根元に何かが埋まっていそうです。

P1010851

ティンプー大仏

地球の歩き方によると、2010年に開眼供養されたとのこと。
ガイドさんの話を聞きながら
「新しいと、有難みがやや下がるな」と思った俗物の私は
成仏できなそうです。

まだ建設中だとガイドさんが言うので、
「いつできるんですか」と聞くと、
「いや、今頃はもうできてる予定だったんです」との回答。
つまりいつ完成するかは、見通しが立っていないようです。

P1010852

正面はこんな感じです。
大きさが伝わる写真が下手なので申しわけないのですが、
下にいる人と比べていただくと、大きさが伝わるでしょうか?

ちなみに、ここにはお手洗いがありません。
私と同行者のうち1名は、尿意と戦いながら観光しました。
ブータンは車移動が長いので、頻尿にとっては修行のようです。

P1010888
こちらはデチェンポダン
小坊主さんたちが修行をしている場所です。

図々しくも窓から様子を見ると、
小さい男の子が集まって座っていました(テレビを観ていたのかな・・・)。

P1010894
マニ車。
地球の歩き方によると
「内部に経文を印刷した紙を収めた回転体で、
 1回転させれば、その経を読んだのと同じ功徳を得られるという便利な装置」。

なんだそのシステム!

ちなみに、移動の車内には
P1010840
電動のマニ車が・・・!
(超くるくるしていました)
伝統がこれでいいのかとか思ってしまいますが、
続くことの方が、大切ですよね。

くずざんぽー!
(ブータンで話されているゾンカ語で、こんにちは、です)
2016年夏に、ブータンに行ったのでその記録です。
今日の記事は、プロローグ的なやつです。

ブータンに行った経緯


元々キューバに行こうとしていた、職場の後輩と私。
しかしそのうちの一人が、2016の夏は
ブータン観光の費用が
外交関係樹立何周年だかで安くなるから、ブータンにしないかと提案。

詳細はここ
(ブータン政府観光局のページに飛びます)

みんな、賛成しました。
中南米行くと高いし。
なかなか行く機会のない国から、行ってみたかったためです。

でもブータンのイメージって、ぼんやりしておりました。
大体、以下の2点があったくらい。

・幸福度高いっぽい
・国王夫婦仲良いっぽい

実際に行ってみて
意外性のある国だな」とわかったのですが、
詳しくはこれから書いていきたいと思います。

※ちなみに我々はツアーでいきましたが、
 最終的にツアー料金は7日間で30万くらいでした。
 本来の料金からどのくらいお得なのかは、
 あんまりよくわかりません…(情報弱者)。

ブータン入国まで


今回は、タイ経由でブータンに入国いたしました。

image











タイの空港の待合室(?)にある椅子には、
お坊さん優先のマークがついております。

image











機内食あるある 炭水化物が多い。超多い。

image




        








タイから飛行機を乗り換えて、ドゥルクエアーに。
ん、パンが積まれている…?
(そしてその後このパンは機内食として登場)

image











空港から国王夫婦!いえい!

次の記事からブータン旅行の記録を書いていきます!

このページのトップヘ