20181018_150155_0001

例えば、まみちゃんを平気でバカにしたり、軽んじたことを言ったりする家族が、いるとしたらね。
私は、その家族を好きでいないで、いいと思っちゃう。

そういうことをする人には大きく分けて二種類いると思うのね。

一種類めは、家族とか他人とか関係なく、とにかく人を落とすことで自分を傷つけないようにしている人。
こういう人は、わかりやすい。周りの人も、同情してくれる。

もう一種類は、家族は大きな意味で自分の一部と考えて、謙遜として低く評価する人
私の娘なんだからそんなにできるはずがないとか、言っちゃう人ね。

こういうケースの方が、厄介。

たしかに、親の得意なことや不得意なことを引き継ぐこともあるかもしれないし、長く一緒にいたら親の価値観が刷り込まれたりするとは思う。

でも、小説家の親がみんな小説家かって言ったら、そうじゃないはず。

持ってる能力は、親と同じじゃない。
興味があることも。どんな経験をしてきたかも、大きくなれば親と共有することが減ってくる。

「そうは言っても愛情の裏がえしだよ」って、言ってくる人は結構多い。

それなら、まっすぐ誉めてほしくない?いくら裏に愛情があっても、表面上はこけにされると自信なんて簡単になくなっちゃうじゃん。

私は、親しくても、家族でも、「ウチ」に入れずにさ、誉めた方が気持ちいいし幸せになれるって、思うんだよね。