チェコ旅行記、2日目です。

P1010050 早速、お昼ご飯です。
年末は観光シーズンだからなのでしょう、
時計台付近のレストランはどこもいっぱいで、
ようやく入れたレストランがここでした。

正確には、
多くの店員には「混雑してるから、あんたらは入れられないぜ」
風の態度をとられていましたが、
オーナーと思しき人になぜかテーブルに通してもらったのでした。

友人は「現場を知らないドラ息子って感じだね。
あとで他の店員さんは怒りそうだよねえ」
って言ってましたが、我々も客だし、許してほしい。


職場の先輩が
「チェコはお肉を似た料理がおいしいよ」と話していましたが、
まったくその通り!ほろほろで、幸せでした。
P1010048 お休みなんだし、昼からビールも飲んじゃう!

さて、プラハ城です。
この約2週間の旅行で、ほとんどの日の空が灰色でした。
お目当ては、ヴィート大聖堂。 P1010069
ミュシャの手掛けたステンドグラスがあるのです。

昔スイスでステンドグラスを見てから、
私はステンドグラスが大好きになりました。
ステンドグラスそのものもいいですし、
それに照らされる場の雰囲気も、いい。

帰り道、「黄金の小路」に軒を連ねる
Manufakturaというお店(例によってことりっぷが推薦している笑)で
ごっそりお土産を買いました。
ビールやワインが入っている
ハンドクリームや、リップバームが売られていて、
女性陣へ配るお土産にぴったりだったのです。
リップバームはねっとりチューブに入っていて、
特に冬場におすすめです(自分用にも買っちゃいました)。
潤う・・・。

P1010086 雪が降っていて寒かったのですが、
街の光とのコントラストが美しく、幸せでした。

このあと、写真はありませんが
ミュシャ美術館に行きました。
「片方は絵を観るのが好き。片方はそうでもない」
という組み合わせの2人組でヨーロッパを旅行すると、
どのくらい美術館に行くか、落としどころが難しい
(と思ってるのは、私だけでしょうか?)。

ミュシャの絵はわかりやすく美しいので、
絵に関心がない人でもきっと楽しめると思います。
友人も、きっと楽しんだと思います(と言い聞かせる)。

自分で絵を描くとき、模様や色遣いがきっと参考になると思ったので、
画集も購入しました。
ポストカードやカレンダーも売られていたので、
きれいな絵を観るのが好きな方へのお土産に、おすすめです。

P1010093 夜のカレル橋。
スリ多発ゾーンらしく、かなりきょろきょろしてしまいました。
P1010087 プラハの夜は、シックな黒で包まれるので素敵ですね。

本当はウィーンでオーケストラが聴きたかったのですが、
当然ウィーンフィルの予約など取れるはずもなく、
オーケストラはここプラハで、当日でも聴ける演奏会に行きました。

演目は(チェコということで!)、
ドヴォルザークの『新世界より』だったのですけれど・・・、
なんというか、「準備してないぜ!」感があまりに濃厚だったので
ちょっとがっかりしてしまいました。
プロがそんなにじっくり合わせられないのは
仕方ないことだと思うのですが、それが露骨というか。
P1010109 あと、エスカレーターが、速い。