ミャンマー、バガン旅行記の2本目です。

そういえば、合コンで会った人が「JINSの花粉用めがねを持っていくといいよ!バガンは砂ぼこりがひどいから!」と教えてくれたので、楽天ポイントで買った花粉用めがねを持っていきました。

↑これ。

たぶん、なかったら目の痛みで観光どころではなかったでしょう。
ありがとう、合コンで会った人。

image

ヤンゴンで観たパチンコ屋的光景に引き続き、

image

どうしても色つきの電飾は必要みたいです。
@アーナンダ寺院

image

寝ています。

image

同じ格好です。(冷たい床を最大限楽しめる姿勢なのか?)

image

たぶんティーローミィンロー寺院。

image

落ち着く…。

image


神聖な雰囲気を楽しんでおりましたが、

image

ん…?顔だけ金…?

なぜか仏像に金箔を貼れるゾーンがあったのです!(いいんか!)
ここは金箔を貼れるゾーンではなかったのですが、過去に貼られた結果、顔だけ金なのかなと思います。全身金になる日は来るのかしら。

image

ダマヤンヂー寺院。

気になる形で私は好きですが、地球の歩き方によると王位継承関係で寺院を建てていた王が暗殺され、いまも未完成だと言うではないですか。
「地元では、夜になると幽霊が出るといわれている」…って!怖すぎるよ!

何も聞かなかったら、なんだか夢のある形をしているのになぁ。この写真をみた友人は、変形しそうだと言ってました。ロボ的な。

image

しっとりした黒。

image

タビィニュ寺院。

image

お昼はがっつりミャンマー料理です。
彩りがほしくて生野菜を食べましたが、あとから考えるとこれが腹痛の引き金となったのかもしれません。

image

スイカジュース最高!このあと昼寝して最高!
暑すぎて連続の観光はきついです!おやすみ!

宿のようすをみて旅に思いを馳せるのもまたよし。